SWANKY DOGS BLOG!

岩手を中心に活動している3ピースバンド SWANKY DOGSのブログ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
旅の終わり
SWANKY DOGS
"In The City"Release tour
旅が一段落しました。


まずは、このツアーで初めて僕らを見てCDを手に取ってくれた皆さん。ライブに会いに来てくれた皆さん。
ライブハウスの皆さん。イベント関係者の皆さん。仲間達。そして、メンバーの洞口、さとし。
ありがとうございました。
お世話になりました。


去年から製作をしだして、5月からこのツアーが始まりました。
よくよく考えれば前回出した"何もない地平線の上から"のツアーファイナルを設定せず(盛岡ではやりましたが・)、謎のエンドレスツアーをやっていたなー笑
それを考えれば2年ぐらい走り回っていました。


今回、初めて東京での自分達のイベントを組んでみたんです。
盛岡でのツアーファイナルはこちらも初めての岩手県公会堂大ホールでのワンマンライブ。
まだまだ知らない世界が目の前に広がっていて、たくさん吸収することができました。
集まってもらってありがとう。


次はどんな旅になるんだろう。どんな人達に出会えるんだろうと考えているとまだまだやれそう。
だからバンドはいいね。


少し立ち返って考えてみようと思います。
自分のインスピレーションを大切に、忘れずに生きていこうと思います。

また皆さんとどこかで会えるように願っています。

これからもSWANKY DOGSをよろしくお願いします。
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ちょっと昔話を。

SWANKY DOGSを組んだのが8年前。
最初は洞口と「東京に出てバンドやろうか?」みたいな話をしてたなー。
結局東京には行かず、盛岡に残って本気でバンドをやろうと決心した時を思い出す。
そんな時、僕が高校の時に組んでいたバンドのメンバーから連絡がきた。八王子で企画やるから一緒にやろうよ!と。
いずれは東京でライブをしたいなとメンバーと話をしていたからどんぴしゃのタイミング。即決。
そこからclub changeのスタッフさんに手伝ってもらい、八王子MatchVox 新宿ANTIKNOCK 両国SUNRIZEでのライブが決まった。

これが確か20才ぐらいの時だったな。
移動手段はもちろん車。
必死になってexcelで高速で行くといくらかかるかとか、何時間かかるとか計算して全部作ったなー、別に誰にも頼まれてないのに笑

初めての東京でのライブは衝撃だった。
自分達の積み上げてきてたものとは次元が違う。
自分のできなさに悔しすぎてノートに反省点とか書きまくっていた笑
打ち上げもひどかった笑

でも、幸せだった。
あー。バンドはやっぱりいいなって思った。
バンドをやっていなかったら出会わなかったであろう何個も歳が離れた見ず知らずの先輩達。
でも「よくきたねー。遠かったでしょ?がんばってね!」と見ず知らずの若造たちにやさしく声をかけてくれたこと。
本当の人の優しさに触れたときのこと。本気になって言い合いになった歳の近いバンドマンたち。こんな経験めったになかった。
嬉しかった。
たった少し時間だけ盛岡を離れただけだったけど、幸せを、寂しさを、辛さを、喜びを思い出させてくれたのは東京という街だった。

あれから5年経ったね。
応援してくれる人達や、仲間がいっぱいできたよ。
当時の僕は仲間とか作れねぇよ。なんてつっぱてはいましたが、
そんな事なかったよ。
ありがとう。出会えた人達に心から思います。

11月12日
 "In The City Release Tour Final in SHELTER"
がむしゃらに駆け抜けた若造達が、出会ってくれた皆さんに感謝を込めてこの1日を作りたいと思っています。もちろん楽しくもありね。
会いに来てください。僕らの魂を感じてください。  

SWANKY DOGS 長谷川快人
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
超children
この間、公園を散歩していたら子供が一人で超はしゃいでいました。
腕を横に伸ばし、一生回っていました。ぐるぐる回っていました。
時々「ひゃあああああ」と叫びながら。
楽しそうでした。
座って少し眺めることにしました。
笑顔を絶やさず、疲れも知らず、一生回っていました。
途中から怖くなりました。いや、心配の方が近いかな。
「具合悪くならないのかな。三半規管が異常に発達してるんだね、僕」
と考えていたら、
いきなりピタッと止まり、空を見上げ、ふぅーと一息。
そして、まさかの超嘔吐
思わず立ち上がりました。
大丈夫かと!助けがいるんじゃないかと!自分に問いただし近づこうとしたら、その子まさかの笑いながら超ダッシュ
消えていきました。
うけるぅーこの子うけるぅー
ぜひ友達になりたいと思いました。

SWANKY DOGS
In The City
いよいよ明後日リリースになります。
明日はフラゲ日ですね。
みなさんの手にSWANKY DOGSの音が届くのが楽しみです。
買ってね!よろしく!

「In The City」
1st Mini Album
2015.5.13 RELEASE
1,800[(本体) 税]
発売元:ENOMICS / 販売元:株式会社JMS

01. サーチライト
02. 僕らの帰り道
03. in the city 
04. 飛行船
05. ココロ
06. sunny
07. クロスロード
08. グッドバイ
09. ロックンロールに夢をみる

http://www.swankydogs.net/
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
長谷川です
お久しぶりです。

SWANKY DOGS、諸々発表になりました。5月13日1st mini album 「In The City」が、全国リリース決定致しました。
約1年ぶりのリリース。
前回のアルバムを出してから1年間各地でライブをさせていただき、3人で曲を作り、話し合い、高め合い、すり減らし、様々な感情を詰め込み、作品を作り上げていきました。
もちろん自分達の力だけではなく、
この作品に関わっていただいた全てのスタッフの皆様、苦しかった時もいつもと変わらない笑顔を向けてくれる仲間。
そして、自分達の音楽を知ってくれて応援してくれるみんな。
周りの皆さんがいないと出来上がらなかったと思います。
だからこそ、周りの皆さんがいてくれたからこそ素晴らしい作品ができました。
本当にありがとうございます。
ぜひ聞いてください。
皆さんの1日にSWANKY DOGSを仲間に入れてあげてください。
よろしくお願いします。


おめでとうと言ってもらえて、色んなメッセージをもらえて本当に嬉しいです。

今度は僕らが皆さんにありがとうと直接伝えにいきます。

どこかの地で皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。

4月22日
長谷川快人
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プルー
明けましておめでとうございますブログです。今年も長谷川快人をどうぞよろしくお願いします。

1月25日のワンマンライブが近づいてきました。去年の4月ぶりのワンマンライブです。半端ないっすね。
間違いなく言えることは、あの時の俺らを今の自分達は越えていると思います。
時間がたったぶん成長できました。
3人でなにか楽しいことやれればいいねなんて話しています。
この何でもない会話がとても嬉しく、こいつらは俺の大事なやつらでもあるなとふと思ったりしました。
ホモじゃないです。

見落としてしまいそうな大事な事や、思ってくれる皆さんを大事にしたい。
それだけで何もなかった日々が楽しく、大事に日々を過ごせる。
そして、できれば皆に会いたい、話したいなと思います。
そうすれば、間違いなく優勝なんです。

頑張ります。一生懸命バンドやって、ドラムを叩きます。
1月25日にぜひ会いに来てください。
皆の1日に少し俺らもまぜてください。
よろしくお願いします。

きゅぴ。
長谷川快人
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プランB
ただいま盛岡に帰っています。宮城にて、さとしと交代。
長谷川です。

熊谷、横浜、代々木でのライブが終わりました。
見に来てくれた皆さん、CD買ってくれた方。ありがとうございました!
来月12月15日 新宿アンチノックにて、今年最後の都内でのライブなので時間あったら会いに来てください。
よろしく!

ちなみに!明日盛岡 club change WAVEにて俺とさとしで一緒にコピーバンドやらせていただきます。
バンド名は「男咲き」。センスしかないですね。咲き誇りますね。
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋ですね。
最高ですね、秋。
春はとりあえず、眠い。
夏は大の苦手。
冬は寒すぎて、体が自動的にダブルストローク状態になります。精度高めで。
ダブルストロークしらない方はダブルストローク.comで検索してください。
画面に「は?」って表示されます。
精度低めの嘘すみません。

最近は大好きな人たちとライブをして、酒を飲み、爆笑して、1人になり、寂しさと同時によくわからないワクワク感が自分を包み、人と一緒に入れるありがたみを身に染みて朝を迎えます。
とても当たり前のようなことが最近また輝いてます。
もちろんそんなことも思いもせず、
知らぬまに人を傷つけてしまったり、何も考えずに発言していたり。
それでも、一緒にいてくれる人たちは暖かいし、ありがたいと思えます。

自分はなんて奴なんだろう、そう思ってる時には必ずいい出会いがあり、
そして、ライブに遊びに来てくれる皆がいつも元気づけてくれています。
本当にありがとう。

そろそろ今年も終わりますね。
みんなは、どんな1年をすごせましたか?
優勝でしたか?

みんなの1年の中に自分達が少しでもいれたこと。誇りに思います。
ありがとう。

何かを成し遂げた。じゃなく、どう生きたか。
全てはそこに詰まっていると思っています。

またみんなに会えるのを楽しみに日々を爆笑しながら生きていきます。
これからもよろしく!
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
無茶苦茶
絶賛ツアー中です。
各会場で見に来ていただいてる皆さん。
初めて出会ってくれた皆さん。
本当にありがとう。
周りがいてくれてるからこその自分。
あらためて、思います。
ありがとう。

この間、渋谷を歩いていて目の前にある公園の中に喫煙スペースがあったので休憩がてらふらっとよりました。
東京はとてもあったかく、
眠くなってしまいそうな空間でその空気を堪能していました。

ふと、喫煙スペースの隣にあるベンチに目を向けたら若いカップルがベンチに腰掛け話をしていました。聞くつもりはなかったのですが、まわりは何せ静かだったので話が聞こえてきます。
なんにもない会話です。あったかいね、とか、あの店の飯うまかった!とか。
二人はとてもいい顔をしていました。
「君たちは幸せなんだね。いい日々を送れているんだね。」と自分もほっこりしていました。

しかし、ここからです。
女の人がいきなり、言ったんです。
「信じられないね、今日でお別れなんて。」
俺は「!!!!????」
ってなりました。
何この展開。
男は、「・・・そうだな。幸せだったよ、ありがとう。」と言っています。
もうなんか、泣きそうでした。
さっきまでの会話からは想像できないようなどんよりした空気が二人を包む。
俺はもう一本のタバコに火をつけました。
今ここからは立ち去れない。
俺の勝手だけど、最後まで君たちの話を聞かせてほしい。見届けさせてほしい。君たちのこれからの旅立ちと成長を。
そう思いました。

そして、女の人が言いました。
「嘘だよーん!!!!!」




「え?」
俺は思わず口に出してしまいました。
俺の頭は宇宙になりました。

男は「だろうと思ったよ笑 ていうか、その嘘何回目だよ!思わずノっちゃったよ!」ケラケラ笑う二人。

俺は思いました。
「騙された」
と。

そして、彼らは仲良く手を繋いで町に消えていきました。俺の頭の中を宇宙にさせたまま。

1人残された俺は、タバコの火を消しました。
彼らは何も悪くない。
悪いのは俺だよな。

でもな、2つだけ言いたい。
ついていい嘘と、悪い嘘があるんだぜ、女。
そして、のっかっていいノリと、悪いノリがあるんだぜ、男。

結果、盗み聞きみたいな感じで聞いてた俺が全て悪い。

日々の生き方を考え直します。

音楽と全く関係ない話でした。

何が言いたいかと言うと、
二日酔いです。

ではまた。
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ソーメン
北海道の2日間が終わりました。

苫小牧ellcube。札幌スピリチュアルラウンジ。そして、2日間一緒だったアシカイクル。
ありがとうございました。

苫小牧も札幌も2年ぶり。
ずいぶんと時間が過ぎてました。
でも、やっぱり町並みとか覚えてるもんです。それぐらい魅力的な町でした。

苫小牧で行ったegaoって言うデパートに入ってる食事処の飯がめっちゃイケてました。
苫小牧きたらまた行こう。

今日はいけなかったけど、札幌にある一幻と言う店にも今度来たら必ず行きます。


新しい出会いがあれば、別れ際が大変寂しいです。
ただ、寂しいと思うことと、また早く会いたいなと思う気持ちはイコールだなと思います。

必ずまた北海道に行きます。

アシカイクルには本当にお世話になった。Baのトムちゃんの実家にとめていただいたりしました。見ず知らずの俺たちをお母さんは快く受け入れてくれました。
朝カレーめっちゃうまかったです。ありがとうございました。


来月から関東方面でのライブが続きます。
みなさんとライブハウスでお会いできるのを楽しみにしています。

では、また。

長谷川快人
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2014 2/4
ちっす。長谷川っす。
この響き、懐かしいです。
2年ぐらい前かな。
ツアーにいくとき洞口が自分のタイミングで俺の現状を写真と共にTwitterに許可なく投稿するという恒例の行事でした。
俺は、不倫をして、いつフライデーに撮られるかわからない芸能人のようにいつもそわそわしていました。
しかし、あまりにもTwitterでの反応がないため洞口は飽きてしまいました。
そして、いつしか俺は「ちっす。長谷川っす。やれよ!」と洞口に欲しがるようになりました。
忘れません。あの時の洞口の「・・・落ちたなキリ」っていう顔を・・・。
まぁただ笑ってただけなんだけどね!

いよいよ。明後日、2月5日に「何もない地平線の上から」がリリースします。

とても長く、しかしあっというまでした。
発売日が近づくにつれ、去年の製作期間のことがよみがえります。
ドラムでどこまで表現できるか。
それが、俺の中でのコンセプトでした。
そこには、ドラムを叩くということ以外にも色々な方が関わっていることへの感謝。
様々な出会い、別れ。自分の経験。全てが直結しています。
レコーディングが終わったあと、もう既に次のレコーディングが楽しみになってました。それぐらい、自分は短期間で色んな事を吸収させていただいたんだと確信しました。
和奏さん。本当にありがとうございます。

「SWANKY DOGS」は間違いなく俺の人生を狂わせました。もちろん良い意味でね。
でも、洞口の歌を聞いていなかったら、多分1人で飽きるまでドラムを叩いてたと思います。
彼の歌と歌詞は間違いなく当時の俺に刺さってたんでしょう。
なぜなら彼は戦っていたからだと思います。それが、戦ってなかった俺に衝撃だったんでしょう。
彼の言葉はそんな力があります。
苦しまないようにすることが戦いじゃない。勝つか負けるかが戦いじゃない。苦しんで、悩んで、わけわかんなくなって、やめてしまってもいい。怖くても自分や相手や日常に向き合うことが戦うことだと。
このアルバムにはそんな思いが詰まってます。聴いてください。きっと、一歩踏み出せると思います。
そして、聴いてくれたみなさんの背中を押してあげるだけじゃなく、そこから、俺達も一緒に歩き出して行きたいです。

この、音源をもってツアーが始まります。
新しい出会いがたくさんあると思います。酒もいっぱい飲むと思います。これを見ていただいてるみなさんに会えるのが楽しみです。その日々を大切に生きたいと思います。
せびライブ会場でお会いしましょう。
ライブを見て欲しいです。
その空間を一緒に楽しみましょう。
個人的には、ちっす。長谷川っす。が復活してくれることを願います。
やっぱり復活しなくていいです。


日々は早々にすぎていきますが、良くするのも悪くするのも全て自分次第。

変わらないことは、ドラムを全力で楽しむことだけです。

これからもよろしくお願いします。
ウーロンハイ万歳。

Dr ちっす。長谷川っす。
| swankydogs | Dr | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<new | top | old>