SWANKY DOGS BLOG!

岩手を中心に活動している3ピースバンド SWANKY DOGSのブログ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
ライナノーツはじめました。その2。
類は友を呼ぶ、みたいなことや、
なにか一つのことを思っていると不思議とその事、もしくはそれに繋がることを引き寄せる、
みたいな事というのは、大いにある、
なんの磁力なのか、エネルギーなのか、
大いにあるんだなあ、と最近は痛いほど感じています。
スピリチュアル的な話ではなくて、
良いも悪いも、そういう渦の中で生きてるんだなあと、感じざるを得ない毎日です。


ニューアルバムの曲について、昨日記せなかったので、
本日の夜にもまた一つ、やろうかなと思いますが、今回もひとつ。




・僕らの帰り道
幼いときは、無敵だった。
もちろん怖いものや嫌なこともその時なりにあったけど、なんでも全力だったように思います。というより、全力しか知らなかったように思います。
歳を重ねて、ごまかしたり小細工をすることは、必要です。むしろそういうことをしないと生きていけないから、生きるために、覚えてきたと思うのです。
ただ、それだけになってしまって、それに気付くことが出来なくなると、なにもかも失ってしまう気がします。
永遠に続くこと、なんていうのはひとつもなくて、悪いことも、良いことも、いつか終わりがきます。
そしていつか忘れてしまいます。
消えてなくなることは決して無くても、思い出せなくなる日が、やってきます。
だったらせめて、するすると体を通り過ぎていく今を全力で抱きしめようとしたい。
いつか必ず離れてしまう時がくるなら、せめて今だけは、つなぎとめていたい、と思うのです。
いつの日か、自分さえ忘れてしまう前に。




洞口隆志

---------------------------------

SWANKY DOGS 1st Mini Album
"In The City"
2015.05.13発売決定!

1st Mini Album「In The City」
2015.5.13 RELEASE / ?1,800[(本体) 税] / ENOM-1005
発売元:ENOMICS / 販売元:株式会社JMS

01. サーチライト
02. 僕らの帰り道
03. in the city 
04. 飛行船
05. ココロ06. sunny
07. クロスロード
08. グッドバイ
09. ロックンロールに夢をみる
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ライナノーツはじめました。
気づけば春になった、
かと思えば暑くなってきたし、
桜が咲いた、
かと思えば散っていたし、
髪を切った、
かと思えばもう伸びてきた。


歳を重ねれば重ねるほど、過ぎていく時間が短く感じられることをバフっと説明したのを、
ジャネーの法則、というらしいですが、
なんとかその法則に抗えはしないかと、
考えてはいるのですが、なかなか困難です。




ニューアルバム“In The City”のリリースもいよいよ近づいて参りました。
5/30にはリリースワンマンライブを盛岡クラブチェンジで開催致します。

アルバムを是非聞いてもらって、ライブで一緒に感じてもらえたら、
と思っておりますが、
せっかくブログ、というものが存在しているので、
アルバム収録曲のことを一曲ずつ、1日ずつ、
記してみようと思っています。
良ければ読んでもらって、曲を聞いてもらえたら、
また少し深いところで感じてもらえるのでは、と思うので、よろしければ。



・サーチライト

僕らには時間がない、
自分だけが死ぬのか、この世が終わるのか、大切な人が居なくなってしまうのか。
なんにせよ、それはもう近くまで迫ってきているかもしれない、と思っています。
なにが本物なのか、判断することはなかなか難しいですが、
あるとすればそれはきっと、表面のカピカピに乾いたところではなくて、
泥の底の濁りきったその中や、ブラウン管テレビの砂嵐の奥みたいな、ノイズにまみれた中にこそ紛れているような気がしています。
だからこそ、その中にだけある上っ面じゃないハッピーを探していたい。
そしてその砂嵐の中にいるあなたを探し出して笑いあいたい。
その瞬間を、多分誰もが心の底で求めているはずだと思うのです。




洞口隆志



----------------------------------

SWANKY DOGS 1st Mini Album
"In The City"
2015.05.13発売

1st Mini Album「In The City」
2015.5.13 RELEASE / ?1,800[(本体) 税] / ENOM-1005 / 発売元:ENOMICS / 販売元:株式会社JMS

01. サーチライト
02. 僕らの帰り道
03. in the city 
04. 飛行船
05. ココロ
06. sunny
07. クロスロード
08. グッドバイ
09. ロックンロールに夢をみる
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
無題
一ヶ月以上ライブをしないで生活するのは、
バンドを始めてから、初めてな気がする。


その間も着実に、リリースへ向け準備をしています。
今回もまた、自分だけでは何もできないことを痛感しながら、
それでも録り終えた新しい曲達を聞いていると、今までにない不思議な自信が湧き上がってきます。
楽しみにして頂きながら、
もう少し待っていて貰えたら、
幸せです。









毎日、毎日、たくさん人の感情の中で、
それを汲んだり、殺したり、
踏みにじって、足蹴にしたりしながら、
それでも平然と、
ヘラヘラ生活している。
ヒーローにもなれず、
ヒールにもなりきれず、
普通にもなれず、
異端にもなれないで、
ただどこまでも人間でしかない。
そんな自分に浸ることでしか、
自分を正当化できないでいる。

だからこそ、救われる瞬間が多い気がする。
深夜のラジオ、
雲から滲み見える満月、
残冬の匂い、
懐かしい人の匂い、
それほど仲良くない人の笑顔、
ルーチンワーク、
変わっていく人、
変わらない人、
忘れるな。




なにも伝えられないなら、
音楽だけは、飛び越えたい。






洞口隆志
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
毛羽立たせて。
僕は岩手という、いわゆる地方に住んでいます。
とても居心地が良くて、空気が良くて、困るほど寒くて、人は暖かくて、大好きな土地です。

ただ、なんとなく毎日を送っていると、なんとなく毎日が過ぎていってしまうことが多いのも、地方だからこそ多いような気もします。


例えば東京なんかより絶対的な人口は少なかったり、
ある程度車社会なもんで駅なんかを使うことが少ない人も多かったり、
人が少なく、色んなものが密集していない分、気持ち的にすり減ることも東京なんかに比べると、少ない気がします。

もちろん学校や職場なんかで揉まれることはあるにせよ、
なにもせず、ただなんとなく毎日を送っても、過ごせていけてしまう場所です。


だからこそ、自分のやりたいことや、
やらなければいけないことがある場合、
自分から色んなものにアタックしていかないと、
なにも進んでいかないと思っています。

無理矢理にでも毛羽立たせていかないと、
するすると一日が終わってしまいます。


東京やそのほかの土地に行った友達に、
胸を張れるように、
恥ずかしくないように、
いつかは全くつながり無い人にも振り向いて貰えるような、
アクションを起こしたい、
と僕は思っています。

そう遠くない未来で。




洞口隆志
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
20141214
自分の中の欲望という欲望に、支配され続けてきた気がします。

食欲や睡眠欲も含めて、ああしたいこうしたい、ああしたくないこうしたくないと、良くも悪くも本能に従ってきた気がします。

その事で人を傷つけたり、
失敗したりしても、
同じことを繰り返してきました。

それでも今音楽をやれていることを考えると、
それも悪いことだけではなかったと思うのですが。


自分が打ちのめされたときに救ってくれるのは、
音楽だと思っていたけど、ちょっと違いました。
音楽を作ったり発信している、
人に救われていたのでした。

今日も後輩のライブを見に行って、救われた気持ちになったところ。


しょうもない自分の欲、エゴやプライドは捨てることにしました。
ただ夢や、コアの部分は変わりません。




雪吹きすさぶ街を出て、
そんな心を持って、
明日は大都会東京、新宿で歌います。




洞口隆志
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
振り切れる
何かに関して振り切れる、ということが大事だなあと感じます。

そのことに一生懸命なときは、
自分の限界までやっているし、それ以上ない、出来ないと思っているので、
振り切れろと言われてもわからないのですが、
いっかい限界まできて、それでもダメになってから、
やり始めるところが、
振り切れ始めるところなんだと感じます。


松岡修造先生も言っていました、
100回叩いて壊れる壁、90回まではみんな叩く、
ただ何回叩けばいいかが、みんなわからないからそこでやめてしまう、
あと少しなのに。

何も見えないところのそばに、
いつもきっかけはあると、
言葉では知っていましたが、
ここ実感としてあります。

また0に、なんならマイナスに戻ったところ、
ここからが、やりがい有るところです。




 
洞口隆志
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11/2、
スタジオ作業を終えたところ。
外にでたら台風のような風に、落ち葉は大暴走。
葉っぱが凶器のよう。
コンビニの駐車場に車を止め、
暴君な枯れ葉たちを眺めています。


今日はアルカラがツアーで盛岡に。
club changeWAVEへ目撃しに。
2月に盛岡で一緒にやってから、僕らの事も気にとめてくれていて、ありがたいです。



喜怒哀楽のすべてが詰まったロックショーに、
体感した誰もが震えた夜。
Twitterにもつぶやきましたが、
これが、ライブだ、
と世界中に叫びたい、
そんなライブでした。

なんだか偉そうに言っていますが、

良いライブ
という概念が、どういったものを指すのか、
説明なんて出来ないし、したくもない中で、

共感、なんて浅はかなものでは全くない。
ハッピー、なんて表面の感覚でも全くない。
一言、言うなら、
救われた。
という実感をしています。


形は違えど、あんなライブがしたい、
と強く感じています。


ちなみにライブを見た後、
その衝撃で二曲ほどメロディーを作って、
それをスタジオで形にしてきたところ。

そうやって色んなものがつながって、
生まれる曲達を、早く発表出来るように、
また会える時に、自分が恥ずかしい人間でないように、
ずりずり気張って参ります。

そのうちたいすけさんたちにも、聞かせられるときが来て、
この曲実はあのときのライブを見て〜、
とか話せたりしたら。



とかなんとか考えながら、
まだまだ今宵も、
己と見つめ合うのです。









洞口隆志
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10/30、
今宵もいつもの場所にin。
ポクポクとはじめています。



子供のままでいたい(大人になりたくない)、

早く大人になりたい、
の二つがあるとすれば、
自分は早く大人になりたかった気がします。


もちろん思考的な意味合いでは、
小さい頃の感覚や発想はずっと持っていたいと思っています。


ただ、大人というものはずっと魅力的でした。
コーヒーが飲めたり、車を運転したり、お酒が飲めたり、タバコが吸えたりすることが、(もっといっぱいあるが)
とても自由であるように思えました。
今の自分には出来ないことが、なんでも出来るようになると思っていました。
今の自分に足りないものが、少しずつ埋まっていって、
人間完全体になると思っていました。

今でも思っています。

小さい頃よりは少し大きくなって、
コーヒーは好きで車は運転するし、
酒を飲みながらタバコは吸うし、
本当に自由な人は、自分を不自由の中に置くし、
出来ないことを出来るようにする人は、
自分への尽くしかたを知り、人への敬いを忘れないし、楽しみかたを知っています。


大人になったら、自分が思っていた大人とは違った、
という話もよくありますが、
そんなことはありません。
自分がそうなれないだけのように思います。

いつでもあの魅力的な大人たちは、魅力的な大人たちのままです。
自分を棚に上げて、そうなれていないことを、なれていないことのせいにしているようです。


ここまで生きてきても、まだ大人にはなれていないようです。
早く大人になりたい。

今は漠然とではなく、ひとつひとつに思いながら、
新しいことを探しています。



コーヒーを飲んでそんなことを思いながら、
今宵もいつもの場所でポクポクとやっています。




洞口隆志
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10/28、
急に寒くなった気がします。
岩手山には下の方まで雪がかぶってきて、
今年もかっこよくなってきました。




今宵もいつもの場所にinして、曲をぽたぽたと作り始めています。


やらなきゃつくらなきゃと、思えば思う日ほど、
全く、微塵も出来ず、イライラしては気づけば朝になるもんですが、
どうせ今日も駄目だろうと、
なんとなくギターを握った日に限って、
いくつかアイデアやメロディーがでてきます。


それはまさに、
寂しくて寂しくて、誰か飲みにでも誘ってくれないかなあと思う日ほど誰からも連絡は来ず、
忙しくて体調も優れない日に限って、
何人かから飲みや遊びの誘いが来る、
みたいなことに似ています。

欲すれば退き、
手放せば降りてくる、

なんとも悲しい、なにかの真理のようです。
それだからこそ楽しくもなってくるのですが。



また今日もそんな感じで、
夜は更け、日はのぼってくるでしょう。

皆さんほんとに胃腸には気をつけて。




洞口隆志
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10/26、
季節の変わり目、この辺りはもう朝方2℃とかになったりして、
今年も一瞬だった秋を名残惜しく思っています。
気づいたら近くの木々の葉っぱも散りに散っていて、
紅葉を感じる暇も、なかなかありませんね。


そんな中、ここ最近は、ずっと曲作り、作詞、を繰り返しております。
全くもって、ざくざくと溢れてくるタイプではないので、かなり少しずつ絞り出す作業ですが、
かなり良い(と自分では思っている)物も出来てきております。
早く聞いてもらいたいと思いつつ、ひたひたと準備を進めております。

早く諸々のお知らせをしたいなあと思いつつ、
今はぐっと堪えて、溜め込む時期なのかなあと思っております。
それが弾けるのが、冬終わりなのか、春なのか、はたまた夏なのか、
まだわかりませんが、楽しみにはしていて頂きたい。



最近は長谷川が別件でドラムを叩いていたり、
自分もひっそり弾き語りをかましたり、
なかなかに音楽に埋もれている、充実の毎日。
それをまた還元して、形にしてゆければ、良いエネルギーが生まれる気がします。



また近況報告致しますね。
ライブは続いています。
是非会場で、お会いしましょう。


皆さん胃腸炎には、くれぐれも気をつけて。




洞口隆志
| swankydogs | Gt/Vo | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<new | top | old>